上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
OSS | 2007/09/06(木) 22:17
こりゃ便利だ、と思って使ってみました。
Talend Open Studio
結論から言うと、いい部分と悪い部分とある感じでした。
悪いというか、自分の使いたかった用途にフィットしなかった感じ。

■イイ!
・接続できるDBが多い。AccessもOracleもOK。
・Java or Perlでデータ変換処理が書ける。いろいろやるよりコード書いた方が早い。
・UIの使い勝手がそこそこよい。マニュアルほとんど見ずに簡単なデータ移行ができた。

■イマイチ
・変換の処理を繋ぐときに、いちいち変数をドラッグ&ドロップしないとダメ。仕方ないのはわかるがめんどい。
・スキーマを勝手に読んでくれる機能がない。DBからの抽出は必ずSQLを書く必要がある。
・変換が多くなると、処理があちこちに分散してしまう。このツールに限ったことではない。ETLツールの宿命。その代わり、ロジックを実装する人へのアサインを細かく分散できる。こっちのメリットが大きいプロジェクトには向いていると言える。


Railsでデータ移行ツールを一回作れば使いまわせるので、そっちの方が柔軟性があっていいかも。Railsにデータ移行ツールがついてくれば、もっとWebアプリをRailsで再構築しようという人・プロジェクト・会社は増える気がするなあ。

でもUIのついたETLツールが無償で使えるなんて、いい時代になったもんだ。


ちなみにこんなのもありますが、ブラウザベースなのでUIがイマイチでした。
日本製だし(OpenOLAPを作った会社製)、作りは良さそうでしたが途中で使うのを止めました。
OpenStaging
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://completemirage.blog55.fc2.com/tb.php/54-28c64a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
プロフィール
 

miyazima

Author:miyazima
常に変化を好み、面白いことを探しています。次の次は?

カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
 
天気予報
 

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。